中学生向けタブレット教材おすすめ3選|インプット向き教材+アウトプット向き教材

「中学生におすすめのタブレット教材はどれだろう?」

今回は、こんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 中学生におすすめのタブレット教材3選
  • タブレット教材の口コミ・評価
  • タブレット学習で効果が出やすい中学生の特徴

今回の記事では、中学生のためのタブレット教材のおすすめ3選について費用内容口コミ評判などを紹介します。

中学生向けタブレット教材は「知識を入手するインプット用の教材」と、「問題演習を行うアウトプット用の教材」の大きく2つに分類できます。

自分の学習に適したものを選ぶことで、より効果的に学習できますので、この記事を参考にタブレット教材を選んでみてください。

また、記事の最後ではタブレット学習に関するよくある質問と回答をご紹介します。

是非、最後までご覧ください。

タブレット教材を使えば塾に通うのと同等の学習を低価格で実現可能

中学生向けタブレット教材を使うことで塾に通うのと同等の学習を低価格で実現可能です。

わかりやすい指導でスムーズに知識をインプットできる

タブレット教材を使うことで、分かりやすい授業を受け、知識をインプットすることができます。

タブレット教材を使うメリットは、好きな時間に好きな場所で授業を受けられること。
学習塾であれば、勉強する時間や場所が限られます。

部活や習い事で忙しい中学生もタブレット教材を使うことで無理なく学習が続けられます。

添削型の教材を使うことでアウトプットの練習ができる

タブレット教材には、アウトプットを練習できるものがあります。

中学生が成績を伸ばすためには、知識をアウトプットし、それらを添削してもらうのが非常に効率的です。

こうした教材を使うことで、本当に知識を理解できているのかをチェックすることができ、着実に成績を伸ばすことができます。

学習に「強制力」が働かないので要注意

ただし、タブレット教材は学習塾と違って、強制力が働かないので注意が必要です。

宿題、再テスト、呼び出しなどがないため、やらないままで終わってしまうこともあります。

こうしたことを防ぐために、タブレット教材を使う際は以下のようなことがおすすめです。

タブレット教材のおすすめの利用法

  • 家庭内でルールを決める 例)夕食後に1時間学習を進める
  • 定期的に保護者が進行状況をチェックする
  • 集中できる環境を整える 例)スマホではなく、タブレット教材用の端末を用意する

お子さんが自然と集中して勉強できるような工夫が必要でしょう。

中学生におすすめのタブレット教材3選

中学生におすすめのタブレット教材を3つご紹介します。

中学生向けタブレット教材は、「知識を吸収するためのインプット用教材」と「問題演習を行うためのアウトプット用教材」に分類されます。

【インプット用】スタディサプリ

スタディサプリは一流講師のわかりやすい授業が手元で再現できる教材です。

中学生にとっての主要5科目である英語・国語・数学・理科・社会全ての科目を視聴できます。

また、別の学年や小学生・高校生向けの授業を受けることも可能です。

定期テスト対策だけでなく、高校受験対策にも対応しており、インプットに最適なタブレット教材となっています。

特にスタディサプリが優れている点は、1回あたりの授業時間が5分にまとめられていることです。

要点が短時間でまとまっているため、非常に継続しやすくなっています。

ただし、上でも述べたようにタブレット教材は「強制力」が働かないので、人によって合う合わないがあります。

無料で2週間体験することができるので、まずは体験をしてみて、合うかどうかを見極める必要があるでしょう。

スタディサプリは2週間の無料体験が可能です。
スタディサプリの無料体験は、下記の記事でくわしく解説しています。

【スタディサプリ】2週間無料お試し体験の始め方|公式よりわかりやすく図解で解説

【アウトプット用】 進研ゼミ中学講座

進研ゼミ中学講座はベネッセが運営する学習サービスです。

学校で使っている教科書や、本人の習熟度に応じて授業対策をすることができます。

また、添削指導によって、自力では対策しづらい記述対策にも対応しています。

さらに、9教科に対応した定期テスト予想問題があるため、問題演習に取り組むことによってしっかりとテストをすることが可能です。

このように、問題演習や添削指導など、アウトプットに対応した教材です。

進研ゼミ中学講座には、ハイブリッドスタイルとオリジナルスタイルの2つの学習スタイルがあります。

タブレット学習が中心のハイブリッドスタイルでは、各単元のまとめ学習ができる「得点力アップレッスン」で<赤ペン先生の添削問題>に取り組むことができます。

専用のタブレットにアウトプットし、フィードバックを受けることで、記述力を高めることができます。

紙のテキストで行うオリジナルスタイルでは、メインテキストである<Challenge>の中に<赤ペン先生の添削問題>が含まれています。

月末に添削問題に取り組み、フィードバックを受けることによって理解を深めることができます。

以上のように、アウトプットに優れた教材となっています。

無料で体験教材や資料を請求することができるので、気になる方は無料体験をしてみるのが良いでしょう。

【アウトプット用】 Z会中学生コース

Z会中学生コースは中学生がタブレットで学習を進めることができるサービスです。

自分の学習進度に応じた学習カリキュラムを組むことができます。

また、AIが学習をアシストし、到達度に応じた問題演習に取り組むことが可能です。

タブレット教材ならではのメリットと言えるでしょう。

さらに、記述問題に対しては、プロの添削者が一人ひとりに丁寧に添削指導をしてくれます。

発展的な問題もあるので、上でご紹介した進研ゼミ中学講座よりもハイレベルな学習を行いたい中学生におすすめです。

「ハイレベルな問題を解いて応用力をつけたい」

そんな方におすすめのアウトプット用タブレット教材です。

Z会中学生コースも無料で資料請求をすることができます。

気になる方は資料請求をして、教材のレベルを確認するのがおすすめです。

進研ゼミ中学講座とZ会中学生コースはどちらもアウトプットに優れたタブレット教材ですが、難易度が少し異なります。

気になる方は両方とも資料請求をして、教材レベルをチェックするのが良いでしょう。

Z会についてもっと詳しく知りたいなら!!

タブレット教材の口コミ・評価とは?

Twitterでタブレット教材の評判を調べました。

タブレット教材に関する良い口コミとイマイチな口コミについてご紹介します。

タブレット教材に関する良い口コミ

タブレット教材に関する良い口コミのまとめ

  • めちゃくちゃ楽しい
  • タブレット教材は分かりやすい
  • 迷わずに勉強することができた

タブレット教材が分かりやすく、迷わず勉強を進めることができるという肯定的な声が多く見られました。

楽しみながら取り組んでいる子が多く、お子さんの反応も良いようです。

タブレット教材に関するイマイチな口コミ

https://twitter.com/tearsangue/status/1629288311243309056?s=20

タブレット教材に関するイマイチな口コミのまとめ

  • 目に悪そう
  • タッチの反応が遅い
  • タブレットが使いにくい

タブレットを長時間見ることの弊害や、端末の使い勝手に関するイマイチな口コミが見られました。

タブレットを自分で選ぶ場合には、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

タブレット学習で効果が出やすい中学生の特徴

タブレット学習で効果が出やすいのはゲームが好きな中学生です。

ゲームが好きな中学生はタブレット操作にも慣れています。

タブレット教材では、ゲーム感覚で問題を進めることができるので、普段からゲームを楽しむ中学生には効果が期待できるでしょう。

また、タブレット学習は自分のペースで学習を進めるのが好きな中学生にも向いています。

タブレット教材では、1人で集中して学習を進めることができます。

そういった学習が好きな中学生は効果が出やすいでしょう。

タブレット学習に関するよくある質問と回答

タブレット学習に関するよくある質問と、その回答を解説していきます。

タブレットはどんなものを使えばいい

タブレット教材によっては、専用のタブレットがある場合もありますが、各自で用意しなければならない場合もあります。

そんなときにおすすめなのが、Amazonタブレットです。

安価で画面も見やすく、学習動画の視聴などに最適です。

お金の面で気をつけておくべきことはある?

タブレット学習を進める上で大切なのはWi-Fiを使うことです。

普段使っているスマホ等でWi-Fiを使わずにタブレット学習を進めると、想像以上にお金がかかってしまうことがあります。

まとめ

ここまで、中学生向けのタブレット教材について解説しました。

タブレット教材にはインプット用とアウトプット用があり、お子さんに合っている教材かどうかを見極める必要があります。

後悔しない選択をするためにも、必ず体験をしてからタブレット教材を選ぶようにしましょう。

インプット用が気になる方はスタディサプリを2週間無料体験するのがおすすめです。

アウトプット用が気になる方は進研ゼミ中学講座Z会中学生コースの資料請求をして、教材レベルが合っているかどうかをチェックしましょう。

お子さんに合ったタブレット教材を選び、自立した学びができるような環境づくりを進めたいですね。