【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。


目次 閉じる

  1. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  2. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  3. 受験生におすすめのテープのり7選
  4. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  5. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  6. 受験生におすすめのテープのり7選
  7. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  8. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  9. 受験生におすすめのテープのり7選
  10. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  11. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  12. 受験生におすすめのテープのり7選
  13. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  14. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  15. 受験生におすすめのテープのり7選
  16. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  17. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  18. 受験生におすすめのテープのり7選
  19. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  20. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  21. 受験生におすすめのテープのり7選
  22. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  23. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  24. 受験生におすすめのテープのり7選
  25. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  26. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  27. 受験生におすすめのテープのり7選
  28. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  29. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  30. 受験生におすすめのテープのり7選
  31. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  32. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  33. 受験生におすすめのテープのり7選
  34. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  35. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  36. 受験生におすすめのテープのり7選
  37. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  38. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  39. 受験生におすすめのテープのり7選
  40. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  41. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  42. 受験生におすすめのテープのり7選
  43. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  44. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  45. 受験生におすすめのテープのり7選
  46. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  47. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  48. 受験生におすすめのテープのり7選
  49. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  50. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  51. 受験生におすすめのテープのり7選
  52. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  53. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  54. 受験生におすすめのテープのり7選
  55. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  56. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  57. 受験生におすすめのテープのり7選
  58. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  59. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  60. 受験生におすすめのテープのり7選
  61. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  62. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  63. 受験生におすすめのテープのり7選
  64. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  65. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  66. 受験生におすすめのテープのり7選
  67. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  68. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  69. 受験生におすすめのテープのり7選
  70. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  71. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  72. 受験生におすすめのテープのり7選
  73. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  74. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  75. 受験生におすすめのテープのり7選
  76. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  77. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  78. 受験生におすすめのテープのり7選
  79. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  80. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  81. 受験生におすすめのテープのり7選
  82. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  83. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  84. 受験生におすすめのテープのり7選
  85. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  86. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  87. 受験生におすすめのテープのり7選
  88. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  89. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  90. 受験生におすすめのテープのり7選
  91. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  92. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  93. 受験生におすすめのテープのり7選
  94. 【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も
  95. 受験生におすすめのテープのりの選び方4つ
  96. 受験生におすすめのテープのり7選
  97. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  98. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  99. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  100. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  101. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  102. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  103. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  104. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  105. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  106. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  107. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  108. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  109. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  110. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  111. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  112. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  113. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  114. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  115. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  116. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  117. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  118. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  119. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  120. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  121. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  122. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  123. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  124. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  125. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  126. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  127. 受験生におすすめのテープのり まとめ
  128. 受験生におすすめのテープのり まとめ

目次へ

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。


受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る


受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。


【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっかり知って、理想のテープのりを選びましょう。


目次へ戻る

受験生におすすめのテープのり7選

テープのりは、うまく活かせば勉強の能率・効率をあげるためのツールです。「選び方」のポイントを押さえて、ベストなモデルを選びましょう。

1位

 

 

[metaslider id=”1740″]

コクヨ
ドットライナー 本体 強粘着

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-DM400N-08
サイズ ‎【1個】
製品サイズ ‎14.4 x 8.41 x 2.31 cm; 40.82 g

ドットライナーは、コクヨのテープのりの看板商品のひとつです。

貼りやすく切りやすい、つめ替えができて、テープ長も16mmもあって交換頻度も少なくて済みます。

交換時は「ポップアップ式」で、簡単にできます。

2位

 

 

[metaslider id=”1325″]

コクヨ
GLOO しっかり貼る 本体 Mサイズ

ブランド ‎コクヨ(KOKUYO)
製品型番 ‎タ-GM400-08
色 ‎白
サイズ ‎Mサイズ・本体のみ
製品サイズ ‎2.4 x 7.9 x 4.9 cm; 31 g

コクヨのGLOOは、本体の持ち手部分が上下に動くことで、2種類の握り方ができて便利です。

テープのりは、「手を横に引く貼り方」と、「手を手前に引く貼り方」があり、どちらにも対応します。

のりは交換式なので、財布に優しいモデルです。

デメリットとしては、本体サイズが大きめなので、ペンケースに入れるには不向きです。

3位

 

 

[metaslider id=”1316″]

トンボ
ピットリトライC

ブランド ‎トンボ(Tombow)
製品型番 ‎PN-CR
色 ‎【本体】透明
梱包サイズ ‎13.1 x 6 x 2.3 cm; 23 g

「PIT(ピット)」シリーズの中でも異彩を放つ、「リトライC」です。

リトライの名前の由来は、貼りなおせること。

貼りつけ1分間は、のりが紙に浸透しないので簡単にはがせます。

まっすぐのりを引ける手ブレ補正機能付きつめ替え可能ドット形状テープなど、機能性もたっぷり。

4位

 

 

[metaslider id=”1301″]

プラス
ノリノビーンズ しっかり貼れる

ブランド ‎PLUS(プラス)
製品型番 ‎39-095
色 ‎ブルー・ピンク・イエロー
サイズ ‎3色アソート
製品サイズ ‎1.7 x 5.8 x 3 cm; 12 g

ノリノビーンズは、豆のような形をした、全長8m✕全幅約6mmの使い切りミニテープのりです。

どれだけ機能性が高くても、持ち運ぶときにストレスを感じるようだと、いずれ使わなくなります。

ぴったりサイズのノリノビーンズは、ペンケースにもスッポリ入ると評判です!

5位

 

 

[metaslider id=”1287″]

ミドリ
テープのり XS 白

ブランド ‎ミドリ(MIDORI)
【素材】ポリカーボネート+POM+ラバーバンド製
【サイズ】本体/H25×W55.5×D13.5mm
【仕様】テープのり/5mm幅×8m〔使いきりタイプ〕

「とっても小さいテープのり」のキャッチコピーにふさわしいコンパクトモデルです。

たとえば、Amazonでの評価を見ると…

この記事で答えが見つかる!
  • テープ幅や長さはどのくらいがいいの?
  • 本体はどんなサイズがいいの?
  • 普通ののりと何が違うの?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

手や台を汚さず、乾くのを待たなくてもいい便利なテープのり。

テープのりをペンケースにひとつ入れておけば、配布されたプリントをノートに貼りつけるのも一瞬です。

最近では、ユーザーの立場をしっかりと考えた優れたモデルがたくさん登場しています。

大人が仕事場で使いやすい状況とかは考えていません。

受験生や学生が、これを選んでよかった!と思ってもらえるようなテープのりをがっちり選んでご紹介していきますね。

【受験生におすすめのテープのり7選】使い方と選び方!詰め替え方も

テープのりはテープ状になったのりを紙面に貼りつけて使う、2000年ころから普及しはじめた接着方法です。

本体のサイズや形、テープ自体の幅や全長、つめ替えタイプなどさまざまです。

いろんなシーンをイメージして、ベストはテープのりを選ぶ準備をしましょう。

受験生におすすめのテープのりの選び方4つ

テープのりを選ぶさいに、気をつけたい4つポイントについて解説していきます。

目的別の粘着性で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりには、3通りの粘着力があると考えてください。

ひとつは強力な接着力のあるタイプ。

もうひとつは、接着力の弱いタイプ。

最後は、貼ったあと、徐々に接着力が増すタイプです。

  1. 強い接着力タイプのテープのり
  2. 弱い接着力タイプのテープのり
  3. 時間とともに接着力の増すテープのり

は、大切なプリントなど、失くしてはいけないものを貼る場合。

は、あとで剥がすようなメモやふせんでは表現できない見本などを貼る場合。

は、やり直しがきくタイプで、すこし後で見直して、はがす可能性があるものを貼る場合。

おすすめのテープのりを後半でご案内します。どのタイプもわかりやすく表示していきますから、必要なタイプのテープのりを意識しておいてくださいね!

目次へ戻る

使いやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープのりの使いやすさとは、持ったときのフィット感だったり、のりの貼りやすさです。

手に小さな人には、コンパクトなタイプがいいでしょうし、本体サイズが小さいとペンケースなどに収まりやすいです。

また、使うシーンに関係なく、強い接着力のほうがやり直しが少なくてイイ!という人もいます。

  • 使いやすさはフィット感
  • 使いやすさは本体サイズ
  • 使いやすさはのりの「付き」

こちらも選ぶときの基準にしておいて、後ほどご紹介するテープのりを見てくださいね。

目次へ戻る

テープの長さとのり幅で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

テープの長さが十分だと、交換の手間が少なくて済みます。

テープの長さ

全長が7m~16mタイプが主流で、大容量になると36mタイプもあります。

経済性を考えるなら、テープのカートリッジを交換できるタイプがあるので、比較検討してみましょう。

  • 全長が7m~16m
  • 大容量タイプあり
  • つめ替えタイプあり
テープの幅

テープの幅がある程度あると、広めにのりを貼る必要のある場所では何度も引く手間が省けます。

逆に、狭い場所に貼ることが分かっているときは、細めのタイプを選びましょう。

幅は8.4mmがもっとも多く、細いものでは6mmとか7mmのものがあります。

  • 全幅6mm~8.4mm
  • 幅広タイプは15mm幅タイプあり

特別広い幅のタイプは15mmなどのモデルもありますが、特殊なだけあって、価格が高いイメージです。

 

これまでお伝えしてきた「選び方」で、少しずつイメージが湧いてきましたか?

つぎは、テープのりの特殊な機能性についてご案内します。

目次へ戻る

機能性で選ぶ

文房具の中でも、「機能性」という個性が光るテープのりです。

手ブレ補正機能のついたタイプなら、まっすぐにのりを引けます。

貼り直しの可能性があるなら、ドット形状のテープなら便利です。

貼った紙面の色落ちの原因である「さん」を抑えたのりを使用したタイプ。

  • 手ブレ補正機能
  • ホチキスタイプのガイドが付き
  • ドット形状のテープ
  • 酸を抑えたのり

「手ブレ補正機能」と「ホチキスタイプのガイド付き」は目的は同じでも、仕組みや結果は大きく異なります。

まっすぐ引くために確実なのは、「ホチキスタイプのガイド付き」です。

ただ、「ホチキスタイプのガイド付き」は薄い紙に使う場合は、「破れ」に気をつかうことになります。

 

メリットとデメリットしっか