Gokaku Co., Ltd.

【五角形の暗記メモで合格祈願】オンリーワンの文房具で記憶も定着?

この記事で答えが見つかる!
  • 合格にちなんだ文房具がほしい!
  • 縁起のよい文房具ってあるの?
  • 使える暗記メモがないかな?

Mr.michizane

(株)合格( @gokaku_company)です。 太宰府天満宮の参道にある企業 「合格」に関する事業を展開 何度もメディアに登場 太宰府みやげの定番【学問のするめ®】100万袋以上販売

合格をモチーフにした暗記メモがあるんです!

「合格をモチーフに???」

ちょっと疑問に感じる人は、このサイトにはじめてご訪問なのかも知れません。「合格をモチーフにした暗記メモ」とは、五角形の暗記メモのこと。

五角は合格に通ず。

(株)合格の大好きなコピーです。そんな縁起の良い形をした暗記メモが本当にあるんです。

たしかに文房具のご紹介ですが、受験生の方には、息抜きとして読んでもらいたい記事です。

では、ご覧ください。

【五角形の暗記メモで合格祈願】オンリーワンの暗記メモで記憶も定着!?

もっともすきまなく整理整頓できるカタチは四角形です。

机のうえに不規則にちらばったノートや定規なども、角をそろえていけばスッキリ片づいて見えますね。

でも、世の中は効率だけを追い求めてもしんどくなるだけの場合もあります。

そんなとき、すこし思考を柔軟にして、ときにはほかのカタチを使ってみませんか?

たとえば五角形とか・・・

出典:Amazon.co.jp

はい、登場しました。

受験生が大喜びするカタチ、五角形の暗記メモです。

五角形の暗記メモ「金の絶対合格暗記メモ ZG-011メモ」です。みたことない!こんな暗記メモ、みたことない!

あるわけがありません。はっきり言って、メチャクチャ使いづらいはずです。

でも、使い勝手や効率だけを追いかけている間は、普通のことしか成し遂げることはできません。

便利さは置いといても、この奇跡の暗記メモで作業をすれば、記憶の定着率は格段にあがる・・・かも知れませんね!

目次へ戻る

五角形の暗記メモの製造メーカーはどこ?

五角形の暗記メモ「金の絶対合格暗記メモ ZG-011メモ」

気になって仕方ないはずです。

この五角形の暗記メモがっ!

どこのどなたが作ったのか?

会社名 有限会社東京画鋲製作所
代表取締役 中尾 貴信
所在地

(本社及び 工場)

〒2400014

神奈川県横浜市保土ヶ谷区霞台18-3

TEL045(341)-6872

FAX045(338)4001

e-mail:bxq05337@nifty.com

社名がすべて漢字の会社です。

とうきょうがびょうせいさくしょ

と読みます。

しかも、大阪での創業から70年近くの歴史ある企業さんです。まじめな雰囲気しか感じ取ることはできませんっ!

そんな(有)東京画鋲製作所が、まさかの五角形の暗記メモを発売です。

本気なのか!?

本気でしかないはずです。

存続をかけたバブル崩壊後の大変革期、コスト削減のためだけにまだ粗削りだった海外に生産拠点を移すことをしなかった。

「ジャパン・クオリティ」に生きる道を賭けたサムライのような企業です。

偉いおサムライさん

ぜひ、一度使ってみて下さい。

本気度が伝わってくるはずです。

目次へ戻る

五角形の暗記メモの気になるお値段はナント!

この五角形の暗記メモ、いったいおいくら万円なんだろう・・・

なんせ「ジャパン・クオリティ」に生きる道を賭けたサムライのような企業が作っているんだから・・・

気になるお値段をAmazonさんで調査してみました。

なんと・・・

意外なお値段です。想像以上に何というか・・・

ただ、別途送料がかかるようなので、もし買ってみたいという方は、複数の教科の分と合わせてご購入になれば送料分が割安になると思います。

ちなみに、口コミは一件もありません。あなたが最初の口コミを投稿する人かも!?

目次へ戻る

五角形の暗記メモで合格祈願 まとめ

五角形の暗記メモ「金の絶対合格暗記メモ ZG-011メモ」

出典:Amazon.co.jp

こちらの暗記メモについて簡単に解説しました。

世の中には面白いことを思いつく人がいるもので、さらに本当にカタチにしてしまうパイオニアも少数存在します。

このサイトを運営している(株)合格もときどき「面白いですね!」といっていただけます。社内では、いつもとんでもないアイデアがバンバン飛び出しています。あり得ないような想像の世界を口にしても、誰も否定しません。だって、いつかそれが誰かに必要とされるかもしれないんですから。そして、そんな奇跡を何度も何度も目の当たりにしてきたんですから。

参考 (株)合格公式サイト

でも、今回もまた、ただただ脱帽するしかなかったです。(有)東京画鋲製作所さん、リスペクトします。

いつかリアル店舗の太宰府参道店で、扱ってみたい、そんな気にさせてもらいました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

目次へ戻る